企業・IR情報

投資家の皆様へ

平素は格別のご支援、ご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。
当事業年度におけるわが国経済は、東日本大震災により停滞した企業の生産活動は、徐々に回復の兆しが見られたものの、長引く欧州の金融危機や円高進行等により先行き不透明な状況が続きました。

情報サービス産業においては、景気の不透明感を背景に、顧客企業はIT関連投資を抑制しており、依然として厳しい状況が続いております。

このような状況下、当社は、顧客ユーザのサポートを一層充実させると共に新たな顧客層獲得を目指します。特に産業用インクジェットプリンタ制御装置は外国企業からの引き合いが多く、今後は海外を視野に入れ、営業活動を行い、売上げと利益の一層の拡大に全力を尽くしてまいります。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

平成26年6月
日本テクノ・ラボ株式会社
代表取締役社長 松村 泳成